VagrantのCentOS7.1にNode.jsをインストール

Node.jsとは

もともとはWebサーバなどのネットワークプログラムを記述するために開発されたJavaScript実行環境
通常利用するWebブラウザーに搭載されているJavaScriptは、セキュリティに配慮されているので、処理の制限がされているが、Node.jsはわりと何でもできちゃう
すごーい!

インストール

vagrantで作成したCentOS7.1環境にてインストールを実施
そこまで難しくもない

$ sudo yum install nodejs --enablerepo=epel

このインストールの仕方だと若干古いバージョンになるが、まぁ動かせればいいのでよしとする。

$ node -v
v6.9.4
$ npm -v
3.10.10

とりあえずインストール完了

$ node
> 1+1
2
>
> .exit

こんな感じで実行できます。

バージョン確認で試したnpmはNode.jsのモジュール管理をするパッケージマネージャです。
Node.js用に作られたツールをインストールすることもできます。

【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です