SSL化したけど保護された通信にならないとき

SSL化してURLをhttpsとしたのですが、しばらく下の画像のような感じになっていました。

GoogleChromeで見ているのですが、本来なら下のようになっている想定でした。

保護されたコンテンツになっている記事となっていない記事があったので、原因の切り分けをして判明しました。

掲載コンテンツのURLもhttps://としなければならない

掲載している画像のコンテンツ等もhttpsとして貼らなければ保護された通信とならないようです。

以下の野獣先輩画像を例として見ていきましょう。
下の記事がhttpの野獣先輩です。
httpと化した先輩

下の記事がhttpsの野獣先輩です。
httpsと化した先輩

どうでしょうか、httpのコンテンツは保護されていないコンテンツとなっていることが分かるでしょう。

保護された通信となっていない場合は、掲載している画像等のコンテンツのURLを見直してみると良いでしょう。

ではでは

【広告】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です